2010.08.24

日本語のひと文字をたいせつに

 [日本語] ブログ村キーワード


日本語文字文章について、

日本は、日本文字という世界一美しい「文字の幸」に恵まれています。日本語という世界一美しい「言葉の幸」に恵まれています。



と、鈴木康之さんは書いていらっしゃいます。

さらに、「私は日本語に惚れこんでいます。」、慣れきってしまっている「日本語、日本の文字に惚れ直してください。」とまで、言っています。


ここまで、とはなかなか想えないものの、たったひと文字にも気持ちのこもったものがある、ということを、あらためて考えました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村



鈴木康之さんが注目したのは、紀文のはんぺんの新聞広告です。

向秀男さんというコピーライターのものです。

……
江戸時代から「精がつくよ」なんて愛好されてきた「とろろ」や「山かけ」の山芋だけをつなぎにしています。
……




の部分、です。

そこだけが話し言葉になっている「精がつくよ」、なぜ「精がつく」で終わらないのか。


それは、向さんが「江戸庶民の元気や粋の世界を描きたかった」からだというんですね。

「よ」の一文字をつけることによって、お江戸の気分が伝わるようにしたかった、と。

読む側では、何気なく読んで、なにげなく江戸の雰囲気を感じているわけですが。


最近読んだ『落語百選』のなかに、『饅頭こわい』というはなしがありました。

「あっ、あれあれ、饅頭を食ってるぜ」
「畜生、いっぺえ食わされた。食っていやがるな、あっ、懐中へ入れたり、袂へ入れたりしてやがる、こん畜生ッ、てめえその饅頭を食ってやがるじゃねえか。やいっ、てめえのほんとうに怖いのは何だ?」


なんてところがあるじゃありませんか。

落語が好きだとも聞いてみたいとも思ったことも、あたしゃありゃあしませんよ。
そいでも、こんな語り口を聞くと、江戸っ子だなあて、思っちまいますよね。


というように、立て板に水といったふうの江戸の、しかも庶民の口調が、よくあらわれています。

落語で口にするならともかく、文字にしてみると、「っ」「ッ」や「、」の使い方、「……ないか」→「……ねえか」といった使い方で、同じ日本語がずいぶん雰囲気がちがいますね。


ブログで文を書くときも、いつも、「です」「ます」を使ってもおもしろくないっていうんで、ときには「ですね」なんて混ぜてみるもんです。

それは、なんとなく、ここらへんで使ってみようかというようなひと文字ではなく、

刺し身1切れが、塩1粒、醤油1滴でうまみがぱーっと増すじゃありませんか。「よ」や「ね」の1文字は調味料の1粒、1滴なんです。なんですよ。なんですね。なんですな。



なるほど、そうですなあ。


関連記事☆こちらも読んでね☆
 >>ことばに関する「季語、夏の俳句。」
 >>日本語に関する「日本語、やはり不思議なもの」
 ⇒
ライフスタイルblog彩top

  
   △△△
  ランキング参加! 
 なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


参考HP『Web日本語-小学館 国語辞典編集部』

参考HP『話芸"きまり文句"辞典』

ブログ♪日本語はオモシロ・むずかし〜♪ 『テレジアの蒼い小窓』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。