2010.08.11

朝顔の緑のカーテン

 [朝顔] ブログ村キーワード [朝顔栽培] ブログ村キーワード


朝顔緑のカーテン、この時期にはとても涼しげでいいですね。


以前、長野県須坂市の田中本家博物館で、この朝顔の緑のカーテンをみました。
それはみごとでした。

江戸中期のころからの「豪商の館」をそのままに、代々の生活に使用された衣裳や漆器、陶磁器類、子どもの玩具などもていねいに保存されている博物館です。

ヘブンリーブルー、一色だけの、カーテンというよりここでは滝のような朝顔でした。
枯れ葉一枚、しおれた花ひとつついておらず、通路に沿ってどのくらい続いていたでしょうか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村



朝顔が緑のカーテンになるのは、もちろん蔓が伸びるからですね。


朝顔に限りませんが、植物で建物の外側をおおうというのは、涼しくするためのかなり良い方法のようです。

というのは、植物は水を吸って育ちます。
水分を含んだ植物の葉の間を通った風が吹くだけでも空気が冷えます。
さらに、暑い時には植物も汗をかくのですが、そのときに周りの熱をうばってくれるのです。


緑のカーテンをつくるには、ノアサガオやセイヨウアサガオなどの、葉がよく茂る品種が適しているそうですよ。


ノアサガオの原産地は熱帯アジアで、沖縄では海岸近くに自生しているそうです。

ノアサガオの栽培種として、宿根アサガオ、琉球アサガオ、オーシャンブルー、などがあります。
Ipomoea indica。
宿根多年草で、種はほとんどできません。
青紫色から紫色の花が咲きます。


和名ソライロアサガオIpomoea tricolor 
西洋アサガオともいわれます。
熱帯アメリカを原産とします。
多年草ですが、種はできるようです。
ヘブンリーブルーは、ソライロアサガオの品種です。


もっとも、この2種は、非常に元気に蔓が伸びるようで、狭い場所にはむきません。

鉢植えのばあいも、直径30cm以上の植木鉢などが必要になりそうです。

思いっきり自由に伸ばしてしまうと、蔓はどんどん伸び、あらゆるところに絡まってしまうほど強力なようです。

広い面積、高さも充分にある場合には、緑のカーテンにふさわしいかもしれません。


日本で栽培されている朝顔のおおくは、日本朝顔です。
Ipomoea nil。

熱帯アジアを原産としますが、日本では古くから親しまれ、江戸時代にはブームになるほど、庶民に栽培や鑑賞され、さらに品種改良もすすみました。

大輪のもの、色も、白、赤、青、紫、を基本に、その中間色や斑入りのものもありますね。
団十郎が好んだ団十郎茶に近いことから、その名が付けられたという「団十朗」というおしゃれな朝顔もあります。


以前すんでいた家で、やはり、すだれと目隠し用にと、朝顔を栽培してみました。

1年目は、園芸用の支柱を6本ばかりも立てたでしょうか。
どうしたらよいのかよくわからず、少し土を掘って支柱を立て、壁に立てかけるようにしてみました。

しばらくすると、朝顔自身の重みか風によって、あっさり支柱は傾きました。
しかたがなく、立てた支柱に交差するように別の支柱をさしわたし、井桁型にしてみました。

朝顔は、はじめのうちは思ったように伸びなくて、思ったほどしっかりと支柱に巻き付いてもいかないので、ところどころで縛り付けてやっていたように覚えています。

とちゅうからは蔓がどんどん伸びて、支柱のてっぺんまでとどいてしまい、その後は、隣の支柱のほうへ伸びていったり、蔓同士で絡まりあって垂れ下がったりしていました。

肝心の、目隠しになるはずの窓のあたりは、葉の茂りや蔓の絡まりもそれほどでなく、ちょっとものたりなかったので次の年は、園芸用のネットを購入。

蔓が伸び始めると、まっていたようにネットにまきつけ、隙間を埋めるような伸ばしかたをしてみました。

これも、朝顔がどんどん伸びるようになると、蔓と蔓はからまり、最後はネットからあふれるほどになっていました。

種ができるころまでと思ったので、緑のカーテンもずいぶん枯れるころまで、そのままになっていました。

おまけとして、枯れた蔓はネットから取り除くのにかなり手間がかかり、くろうしたのでした。
枯れた朝顔は、畑がないかぎりゴミになるしかなく、そこらへんまでのフォローを考えると、あまり元気よく茂らせるのも、考えものかもしれません。


この時の朝顔が何だったのか、とにかく花がきれいそうというだけで購入していたので、種類もわかりません。


日本朝顔にも、浜の紫浜の輝、など、蔓の延びがよく、フェンスにしたてやすい朝顔もあるようです。


猛暑、酷暑の今年の夏を過ごしてくると、緑のカーテンがきゅうに、欲しくなりました。

来年の春までに、どんな朝顔がいいかじっくり研究して、わが家に似合った緑のカーテンをしたててみたいと思います。

みなさんも、いかがですか?


関連記事☆こちらも読んでね☆
 >>植物に関する「蓮、蓮華、蜂巣の花、池見草」
 >>夏に関する「枝豆か、大豆か。」
 ⇒
ライフスタイルblog彩top

  
   △△△
  ランキング参加! 
 なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


参考HP『ノアサガオ』

参考HP『緑のカーテンを町中に広げよう!』

参考HP『アサガオホームページ』

ブログ♪アサガオを植えて緑のカーテンを作ろう! 緑のカーテンの育て方 『わらしべ暮らしのブログ』



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。