2010.08.09

秋元康の企画力

 [秋元康] ブログ村キーワード


秋元康さんと勝間和代さんの対談を、ふと見たテレビでやっていました。

秋元康さん、正直いってあまり好きなタイプではないのだけれど、つい、見てしまいました。

ポンポンと交わされる会話が、おもしろい。


最近ではAKB48のプロデュースをして有名な秋元康さん。
いったい何者なのか、と調べてみると。

出てくる出てくる。

肩書きだけでも、放送作家、作詞家、音楽・テレビ・映画プロデューサー、脚本家、映画監督、漫画原作者、タレント。
おまけに京都造形芸術大学副学長兼芸術学部教授でもあるそうなんですねえ。

『セーラー服を脱がさないで』おニャン子クラブ、『バレンタイン・キッス』国生さゆり、『雨の西麻布』とんねるず、あたりはなるほどと思うけれど、

『なんてったってアイドル』小泉今日子、『1986年のマリリン』本田美奈子、あたりで、へえーっと思い、

『クリスマスキャロルの頃には』稲垣潤一、『川の流れのように』美空ひばり、で、びっくり。


そうだったんですか、知らなかった、とおそれいる感じです。

もちろんもっともっとたくさんの楽曲の作曲を手がけていらっしゃいますが、コミカルでなにこれ?なあまり有名でない曲から、心に沁みいる超有名曲まで、この幅の広さはなんでしょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



その企画力の秘密にせまろう、と切り込んだのが勝間和代さん。
NHK教育テレビの木曜夜10:25分からの番組『仕事学のすすめ』でのことです。


秋元康さんは、おもしろいことがあったら、背中にしょっているリュックにぽんと入れておくとおっしゃっていました。

とくにリサーチもしない代わりに、日常のなかでふとおもしろいぞと思ったことを、リュックに入れておくのです。
それは、付箋を貼る、ということでもあるのですが、メモを取ることをしない秋本さんにとっては、ようするにすべてが頭にしまわれるということですね。

整理してきちんというわけでもけっしてない、リュックに放りこむという言い方のとおりに、雑多な、どうでもいいかもしれないことも、とにかく入れておく。

よほど頭の引き出しの使い方がうまいのか、必要なときにはとりだせるようになっている、というあたりがすごいです。


おもしろい、と思ったことというのは、どんなことでもいいんですね。

たとえば電車のなかの会話、動きの微妙に気になる人、あの人はなぜあんなことをしているんだろう?、おかしくはないけれどへんなオヤジギャグ、珍しい地名、などなど。


相手の勝間和代さんについても、トークのテンポが速い、ときづく。
こんな早くて視聴者はついてこられるのだろうか?
でもこんなふうにどんどん話がすすむ会話のドラマ、恋愛ドラマなんかがあったらおもしろいかもしれない。

と、そこまでイメージしたところで、リュックに入れるということのようです。


こんな秋元康さんのはなしを聞いていて、思いだしたことがあります。

「ばかばかしい」「他愛ない」「呆れた」「尋常ではない」

……時代が移り、人間が知恵を積み機械がすべてを可能にしても、人間は、面白い、楽しいことが好きであり、それを貧欲に追い求め、「ばかばかしい」「他愛ない」……ことを含めて、それが心の糧となり、日常を支える力になっていることに、変わりはない。
 まえがきがながくなったが、面白い、楽しいといことは、その事柄と交渉をもつことによって生じる、人間の感性の営為であり、その面白く、楽しいことは、より多くの人びとが共有することで、いっそう精彩を放つ。

落語百選』 麻生芳伸


これは、まったくジャンルのちがう落語について書かれたことばです。


私にとって、ばかばかしいことはばかばかしいだけで、よしておけば良いのにと思える事柄だったりします。
他愛ないことも、なんだそんなこと、と思いがちですね。


けれども、秋元康さんにとっては、つまらない、くだらない、ということは、ないのではないかと思います。


なにかこれを知りたい、ということに対して、アンテナを立てて情報を集めるというやり方もあります。

それに対して、網のようにはりめぐらしたクモの巣にひっかかるのを待つ、そんなのが、秋元康さん流のやりかたかもしれません。
もっともただ待つでなく、秋元康さんもクモの巣もどんどん移動しているわけです。
全方向型のアンテナ、といったほうがいいかもしれませんね。


そんなふうにして面白がるというのは、人生も楽しくて、ちょっといいかもしれませんね。


関連記事☆こちらも読んでね☆
 >>ライフスタイルに関する「読書はおしゃれを盗むように 」
 
 ⇒ライフスタイルblog彩top

  
   △△△
  ランキング参加! 
 なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


参考HP『仕事学のすすめ』


ブログ♪カツマー症候群や秋元康マニアで燃え尽きないために 『生きてるしるし』


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。