2010.07.23

熱中症対策、お気をつけて。

 [熱中症対策] ブログ村キーワード [熱中症] ブログ村キーワード


熱中症対策、みなさん、大丈夫でしょうか?


暑い、とは口にしたくないけれど。
暑いとしか言えない日々ですね。


わが家の長男くんは、重症心身障害児であるゆえ、気温に影響されて熱が上がってしまって困っています。

畑に出て、とか、道を歩いていて、または家にいるなど、本人はごく普通に生活しているはずなのに、熱中症にかかってしまうこともありますね。


熱が出たら冷やしなさい、とか、涼しいところで休みましょうといった対症法しかないのでしょうか。

この暑い夏、どうやってのりきったらよいのでしょう?
きょうも、熱中症指数があがって、「厳重警戒」「危険」の地域がおおくなっています。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


熱中症は、おもに気温の上昇などの環境の変化によって、恒温動物である私たちの体が、うまく対応できなくなくなることですね。

人間のからだは、ふだん36度から37度の熱を作りだしています。
暑くなれば、自律神経の働きで、抹消の血管が拡張したり汗をかいたりして、バランスをとります。
そのバランスが、くずれてしまうのです。


暑さにも、体が慣れるということがありますね。

体温調節が上手にできるようになったり、塩分を余分に体から出してしまわないように、徐々に対応できるようになるのです。

ですから、体が慣れるまでの、きゅうに気温が上がったときなどが、特に注意が必要な時期といわれるわけですね。


なかでも、子ども、高齢者、体が何かしら弱っている、などの方は、要注意です。


日常生活のなかで気をつけるべきことは、よくいわれることですが、水分補給をすること。

人の体は、じゅうぶん潤っていないと、体温調節の機能がうまく働きません。

喉が渇いたと思ったときには、すでに体の水分の2%が失われたあとなんですね。


子ども、特に乳幼児は体内水分量が80%と高いため、その分必要とされる水分量も大人より高めに設定されています。

具体的には、成人が1kgあたり50mlであるのに対して、幼児は50〜100ml、乳幼児は100〜140mlとなっています。


体重×○○mlで、1日の水分摂取量を計算できます。

長男のばあい、80ml×15kg=1200ml となります。


口からもミキサー食を食べ、胃瘻にしている長男、じゅうぶん水分がとれているのでしょうか。


パン粥で牛乳を使っています。
水分が多そうですが、牛乳の水分は、88%。

きゅうりが94.5%の水分含有率をほこることを考えると、牛乳がとても水分の多い食品であるとは、いえません。

150cc飲んだら、132ccの水分を穫ったことになります。

ただし、消化吸収に時間がかかるので、水分として摂取するのにはむかないそうです。


経腸成分栄養剤液ラコールもときどき使いますが、水分約85%。

ラコール注入したから、水分補給もいっしょにOK!と思っていたのは、なんとNGでした。

一般的な食品の平均的な水分含有率というのはわかりませんが、きゅうりや野菜類の水分の多さを考えると、いかにも水っぽい牛乳やラコールも、普通の食事でとる水分と同じくらいと考えたほうがよさそうです。


体に必要な水分量の半分くらいは食事でとることができるといわれますので、さらに水を飲むことによっても、不足分を補わないといけないんですね。


また、不感蒸泄ということがあります。

不感蒸泄とは、この字のごとく、感じないうちに水分が出て行ってしまうことですね。
汗とは別に、気道や皮膚から蒸散しているのです。

平熱で室温が28度の時、体重1kgに対して不感蒸泄は1日約15mlです。


これは、体温が1度あがるごとに、15%ずつふえます。

体重15kgの長男、平熱がわりと高めなので37度とします。
 
 15ml×15=225ml 

 225ml×1.15=258.75ml 体温38度になったとき

 258.75ml×1.15=297.5625ml 体温39度になったとき


さらに、気温が30度から1度上がることによっても、15〜20%ふえていきます。

それだからこそ、暑い中でいつのまにか体温が上がっているような場合、水分は、思っている以上に減ってしまっているわけですね。


お年寄りなどで、汗をかいていないからと思っても、体のなかの水分は減っているので、いつのまにか熱中症になりやすくなっているのだ、ということがわかりますね。


こまめに水分をとること、といわれていることの重要さが、ようやく納得できました。

長男は、寝起きからお茶をのませ、朝食を食べさせ、もいっかいお茶をのませてから、学校へ行きました。
きょうは、熱が上がりませんよーに。


みなさんも、お気をつけ下さいませ。


関連記事☆こちらも読んでね☆
 介護・看護に関する「看護のむずかしさ」
 季節に関する「雨の日には、、、。」
ライフスタイルblog彩top

  
   △△△
  ランキング参加! 
 なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


参考HP『賢い水分補給のポイント|病院・薬・サプリメントの情報満載!』

参考HP『熱中症指数 - 日本気象協会 tenki.jp』

参考HP『水分補給を考えよう』

参考HP『環境省熱中症予防情報サイト』

ブログ♪夏のアチチな体にはクールダウンスポットを冷やすといいらしい 『ライフハッカー』

ブログ♪室内の暑さをしのぐためには熱を発生させる5つのポイントをチェックする 『ライフハッカー』



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。