2010.07.13

紫蘇のひみつ

紫蘇の良さをいかした食品、紫蘇を使った製品、ずいぶんあるんですねえ。
健康嗜好がブームなのでしょうね。


紫蘇、むらさきの文字が使われているところをみると、赤い紫蘇がさきにあったのでしょうか。


あかい紫蘇のほうは、梅づけに使う色づけといった用途しか思い浮かびません。


緑の葉の紫蘇は、刺身などにもかならずツマについていますね。
きれいな葉は、ずいぶん消毒しているから食べないほうがいいというはなしも、わざわざ刺身についているのは栄養的にも意味があっているから、食べないと、というはなしも聞いたことがあります。


わが家では、夏の料理には紫蘇は欠かせません。
いよいよ、紫蘇の季節になりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [紫蘇] ブログ村キーワード



紫蘇の葉をいかした商品としては、紫蘇の葉茶。
 
αリノレン酸の含有量が多いという紫蘇の実を搾ったシソ油。

紫蘇のエッセンシャルオイルもあるそうです。
これは、紫蘇の葉から抽出したオイルだそうですが、どんな香りがするのでしょう?

紫蘇ジュース。
私は、あまり飲んでみたいと思いませんが。

そのものズバリ、「青じそ生活」。青じそを、そのまま乾燥させ粉末状にしたサプリメントです。


昔からのものとしては、七味唐辛子にも、使われているのですね。
これにはあお紫蘇が使われますが、七味の内容は微妙に違うようで、使われないこともあります。


和風ハーブとして使われる紫蘇ですが、その効果は、どのようなものがあるのでしょう?


紫蘇は、カロリーが低いのですが、栄養価が高く、βカロチンが大量に含まれるほか、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンC、E、Kも多く、ナイアシンも含みます。
カルシウムも豊富で、さらに、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛など人体に必要な成分がほとんど含まれているのです。


ただ、栄養成分表というのは、100gの食品を基準にしていますから、紫蘇の葉1枚0.5gとして考えて、100gを食べるには200枚。なんと200枚を食べたときのものです。

カルシウムが多いとはいえ、一日の目標600mgに対して、紫蘇5枚を食べて6mg。
これは、ミニトマト3個分くらいです。

βカロチンは、野菜のなかではさすがに多く含まれており、重さの軽い葉ものとしてはがんばっていますが、紫蘇5枚とカボチャの3切れ分くらいが同じです。


だからといって、紫蘇は食べなくてもいい、といことでは、もちろんありません。
ひとつの食材だけをとって栄養価の数値を細かくいってみても、日々の食卓にはあまり意味のないことなのかもしれませんね。


それよりも、季節の食材として、香りや風味を楽しむのがよさそうです。


赤ジソ。

漢方ではおもに、こちらを使い、たんにシソといったばあいも、赤ジソをさすことがふつうなようです。

後漢末に、洛陽の若者が蟹の食べすぎで食中毒を起こし、死にかけていたのを、名医、華佗が薬草を煎じた紫の薬ですくいました。
「紫」の「蘇る」薬だというので、「紫蘇」というようになったというはなしもあります。


青じそ

大葉ともいい、スーパーでも良く売っていますね。
もちろん、刺身のパックの脇役としても、大活躍。

あの独特な香りから考えると、虫がよってこなさそうですが、以外に虫が食べちゃってたりします。
スーパーのあのきれいな葉を何枚も確保するには、やはり農薬も使わざるをえないのでしょう。
わが家では、庭に毎年勝手に生えてくるので、出てきたものを少しだけ大事にしてやって、せっせと食べています。

とくに青じそで料理、というほどでなくても、何かしらつけ合わせや薬味にほしいので、毎日のように使います。
そうめん、冷や奴、かつおのたたきなどにも、薬味というよりサラダになるくらい使ったり。

バジルが欲しいと思って植えてみたこともありますが、いまでは、スパゲッティなどにもシソを使って、まったく問題ありません。

トマトとのサラダも夏の定番。みどりと赤がきれい。

肉料理などには、巻いて、はさんでつつんで、とこれがあればこそ、夏の暑い時期のあぶらっぽい料理にも、食欲がわきます。


紫蘇の葉がたくさん採れるときに、冷凍保存でもできないかと思いましたが、これはうまくいきませんでした。

けれども、紫蘇の葉をパックなどに入れて、お醤油をかけてつけておくだけという方法で、冷蔵庫保存ができます。

これはもうずっと以前、私が実家にいたころに、叔母がおにぎりをくれたのですが、それが、醤油づけの紫蘇の葉でくるんだもので、とてもおいしくて、作りかたを聞いたのが最初でした。

調べてみると、ニンニクをひとかけ、うすぎりにして紫蘇の葉といっしょに入れるというものもあり、こちらもおいしそうで、さっそくやってみようと思います。



この記事へのコメント
風花さんのブログから来ました。

この彩りブログからは、彩さんが全てのものに優しい心を向けていらっしゃるのが伝わってきます。

私も見習わせていただきます。

今まで適当に書いてきたので…反省したら前に進まないといけないですね。

応援ポチッしておきます。
Posted by みかんまま at 2010.07.14 14:56
みかんままさん、いらっしゃいませ。

えーっと、ほんとかなあ。
そんなふうに言ってもらえたらうれしいです。
でも、生活してたら、頭にくることもありますよね。
そういうことは、あっちのほうへおいといて、っていう感じかもしれません。

みかんままさんのところへも、遊びにいかせてもらいますね。
Posted by at 2010.07.14 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。