2010.06.30

お茶、緑と紅

『豊かなお茶の愉しみを』の伊右衛門のCM、好きなんです。


本木雅弘さんと宮沢りえさんが、京都の四季をバックに、いい雰囲気で、映画のようですね。


伊右衛門は、京都の製茶会社、福寿園の茶葉のみを使い、その名称も創業者の福井伊右衛門からとったという、こだわりのお茶です。


でも、これ、ペットボトルのお茶なんですよね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [お茶] ブログ村キーワード [日本茶] ブログ村キーワード




こだわりの、ペットボトルのお茶があっても、悪いわけではありません。


でも、
 

われわれ日本人は、一杯の茶のために命を投げ出した千利休、古田織部、山上宗二といった偉大な茶の文化を打ち立てた人びとの末裔なのであって、



伝統的な茶の文化に関していえば、われわれの国には世界に冠たる「茶道」という文化があった。これは英国紅茶など、足もとにもおよばない立派な伝統的文化



であったのに、

プラスチックや缶入りの飲み物が、街角や駅のプラットホームや車内だけでなく、一般家庭にまで侵入してきて、



若者たちだけでなく、中年から老年に至るまで広まっている。(中略)もっぱらこの種の飲み物が大手を振って歩いているのは、まことに情けないというか、生活文化の質の低下に拍車をかけているように思われてならない。



そういわれると、ペットボトルに伸ばした手もちょっと止まって、考えてしまいます。


出口保夫さんご自身は、伝統的な英国紅茶にひじょうに魅力をかんじているわけです。


たしかに、私がブログでも何回かとりあげている大原照子さんにしても清川妙さんにしても、英国の紅茶の時間、アフタヌーンティーについて、魅力的なお話を書いていらっしゃいます。
佐藤よし子さんも、こだわりのお茶については、頁をさいています。
女性にはやはり、あこがれでしょうと思っていたら、イギリスにかんする本をよんでいると、男性も、アフタヌーンティーになみなみならぬ思い入れがあるようで、ちょっとびっくりしたくらいでした。


英国イコールアフタヌーンティーのイメージは、たしかにありますよね。


お茶が文書に現れる最初は、紀元前2世紀の中国です。
お茶はしだいにひろまり、遣唐使などを通じて日本にもわたってきました。


茶もteaも、もとは同じ中国語。
テーとよんでいた福建省のあたりから海路で伝搬したものが、イギリスやフランスにひろがっていきます。
ヨーロッパにお茶が伝わったのは、16世紀から17世紀にかけてのころ。


はじめは緑茶だったようです。
そのころは、超のつくような贅沢品。
やはり貴重な品だった砂糖をいれてのむことで、イギリスの貴族社会に贅沢な習慣としてひろまりました。
紅茶が愛用されるようになったのは、18世紀からのことです。


日本の茶道については、16世紀末の千利休が有名ですが、それ以前にもわび茶というようなものがあり、その流れをつかむのも簡単ではありません。


現在、の最大の消費国はインドで、第2位は中国。
消費量はぐんと下がりますが、3位はロシア。
4位は日本で、英国は6位だそうです。
年間15万トンといわれても、ぴんときませんね。


日本は、茶の生産量も多く、10万トン。
先進国といわれる国のなかでは、ほとんどゆいいつの生産国だそうです。


こうしてお茶を大量に作り、大量に消費している日本ですが、やはりペットボトルのお茶の消費がかくじつに増えています。
やはり日本人、お茶は飲みたし。
手軽なお茶がどこにでもあって、ラッキーということでしょうか。


もちろん、英国のteaもいい、けれど、日本の気候風土のなかでは、やはり日本茶がいちばんおいしいのだろうと思います。


淡い緑のきれいな色彩は、新緑を思いださせます。
地域によって生育環境がちがい、お茶を摘むことができる回数もちがいますが、年数回茶摘みをおこなうことが多いようです。
一番茶は4月5月のころの、その年のさいしょの新芽を摘んだ、新茶です。


新茶をたのしむ季節になりました。


美味しいお茶を、味わってみませんか?



 △△△
ランキング参加! 
なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします

☆こちらも読んでね☆
『ライフスタイルblog彩り』の「英国流ハウスキーピングに学ぶ」
ライフスタイルblog彩top


参考HP『お茶を楽しむホームページ O-CHA NET』

参考HP『お茶の作り方(男の趣肴HP) fr』

ブログ♪日本茶お茶会 『クッキングスタジオ・フィールブリーズ 』

ブログ♪[白玄堂]宮崎茶 新茶 『その気になるのがみやざき上陸後だった場合。』





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。