2009.09.16

月を見る

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [月見] ブログ村キーワード
のきれいな季節になりました。

みなさん、さいきんを見てますか?


もっと以前だったら、はあたりまえに見ているよと答えられたのかもしれませんが、さいきん、私もを見ていません。

 
大村しげさんの『京 暮らしの彩り』の秋の頁にも、「おさん」がでてきます。

秋にってあたりまえ、でも、そのあたりまえを、ほんと、ときどき忘れているんですよね。


「お見には、小芋とだんご、お神酒、そして、はぎとすすきをおさんに供える」と大村しげさんは書いていらっしゃるけれど、私の家にはそういう風習はありませんでした。

本来のお月見は、十五夜(旧暦8月15日)と十三夜(旧暦9月13日)、に行うものだそうです。

なぜ十三夜かというと、長慶宣明暦という日本でふるくから使っていた旧暦では、十三日の夜が満だったということのようです。

平安時代に貴族達が集まって、を見て詩歌を詠んだのも、十三夜です。

源氏物語の明石の段に、十三夜のの晩に、光源氏が、明石の上をはじめてたずねるという場面があります。


ところが、おなじ『源氏物語』のなかに、十五夜の夕暮れに見の宴でもあるかと、若い殿上人などが源氏の住まいである六条院にあつまってくる、というはなしがあります。

旧暦8月15日の十五夜のお祭りは、もともと中国で行われていたものだそうです。
中国では、お正月に継ぐ盛大なお祭りとして月餅をそなえるなどしていたそうですから、これが伝わってきていたのでしょうね。


紫式部は新しい物語を作るために石山寺に参籠をしたといわれ、部屋も源氏の間として保存されているそうです。

10月2日〜4日は、秋祭として紫式部を偲ぶ名月の夕べも行われているそうですよ。


わが家の小学1年生次男もそうですが、にうさぎがいるとは現在の子どもたちは思っていないでしょう。

なんとなくではありますが、空に浮かぶ天体のひとつということを、知識として知ってしまっています。

 お月さんは、歩いても歩いても、ついてきやはった。それがおもしろうて、走ったり止まったりした。


というような経験も、もしかしたらないかもしれない。


私の生まれた家は、東側に山が連なってあり、満のころにはそのやまからまっきいろな大きなおさまがのぼってくるのが見えました。

家のあるのは川の西側、ずっとゆるゆると坂をのぼった途中。
山は川の東側で、家からはずいぶん離れているのですが、あいだにじゃまになるような建物もなにもなく、二階からみるとちょうど、目の高さにあたる山々のうえにが出るのです。

小さい頃いつだったかの年越しの夜のこと。
紅白歌合戦が終わって夜中に、近所のお宮へお参りに行きました。
その帰り道、あまりに明るいの夜だったので、帰りは車に乗らず、妹とふたり歩いて帰ることにしました。

しんとした真夜中の道、知らない場所のようで、どきどきしながらを仰ぎ見ては、歌をうたったり走ったりしながら帰ったことを思いだしました。


この秋は、子どもとを見る、そんな機会をつくりたいものです。

ちょと早いですが、2009年の中秋の名、旧暦8月15日のは10月3日に見られるそうです。
ただし、本当の満は、暦のずれから、10月4日だそうですよ。



北九州市立美術館開館35周年記念 国宝・重要文化財 特別展示
源氏物語千年紀 『石山寺の美』

石山寺所蔵の国宝・重要文化財17点を含む仏画、仏像、経典類、源氏物語をテーマとする絵画や工芸品などを展示

北九州市立美術館・本館  2009.9.12─10.18



 △△△
ランキング参加! 
なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


関連HP『暦と天文の雑学 中秋の名月はいつ?』 〜こよみのページ

関連HP北九州市立美術館

関連HP『鈴虫』 〜もり語り

ブログ♪お月見ウサギのお稲荷弁当 『幸せひろい〜Happy Lunch box〜』

ブログ♪お月見コンサート♪ 『ひとりごと 』


ライフスタイルblog彩

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。