2009.09.02

京都旅行の情報は古典から

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [平安時代] ブログ村キーワード

暑さが和らいで秋、さあ京都へ行こうと、旅行情報を探し始めたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

私も、このところのブログで、京都についてふれていたら、なんだか懐かしくなってしまいました。


ことに、
公園には、誰もいませんでした。ごく普通の遊具がある狭い児童公園なのですが、すべり台の前に、「羅城門遺跡」と彫られた石碑が建っているのが、普通と違っているのみ。
都と京』酒井順子

などという文を読むと、そうそう、私も行ってみたなと思うのです。

         
そのころ平安文学にはまっていた私は、よし、京都旅行をしよう、と思いたちました。

申し込みをすれば京都御所の内部を見ることができるということを知って、夏休みにあわせて参観できるように申し込み、旅行中どこをまわるか計画を立てたのです。

情報は、すべて平安時代からのものでした。


源氏物語』はまだ漫画の『あさきゆめみし』くらいしか読んでいなかったのですが、田辺聖子さんの『舞え舞え蝸牛(新落窪物語)』『むかし・あけぼの - 小説枕草子 -』などを読んで、平安時代に想いをはせたのでした。


まず、羅城門跡へ。
名前はとても有名ですから、跡といってももう少しなにかあるのかと思ったのですが、本当に石碑だけでした。
それでも、場所を自分で確認したくて、行ってみました。

私は、ずっとらしょうもん、「羅生門」と思っていたのですが、現在では、らじょうもん、「羅城門」となっているのですね。

芥川龍之介の『羅生門』がもちろん有名ですね。

岡野玲子さんの漫画、『陰陽師』1では、安倍晴明が羅城門で怪異を解決しています。

794年の平安京造営時には壮麗につくられた羅城門も、816年には大風で倒壊し、建てなおされたものの980年に再度倒壊。

しかも、京の都のなかでもあまりに果てなので、しだいにあれはて、鬼や盗賊などの住処となってしまったのです。

現在は京都駅より南におしやられ、京都市のおもな市街地からははみ出しているように思えますが、羅城門のあったところが9条通りで平安京の端っこ、8条通りがあって京都駅、となっています。


その後私は、東寺から、平安京の朱雀大路にあたる現在の千本通を少し歩き、京都御所へ。

朱雀大路は、28丈(約84m)もの幅があったとのこと。
平安京の一町が40丈(約120m)四方でしたから、一町の半分以上の幅があったのですね。
中央帯のあるある4車線の高速道路が23.5mということを考えると、ずいぶん広いですね。

この朱雀大路を、ゆるゆると牛車が通ったのでしょうか。


枕草子』などに出てくる京都御所。

ただ、現在の京都御所は、平安時代のものとは違います。
朱雀大路をすすんだ先に朱雀門があり、そのさきに、天皇のお住まいと政治を行った大内裏があったのですが、火災でたびたび焼けています。

『枕草子』第二四五段は、「一条の院をば今内裏とぞいふ」とはじまっています。

火災などで天皇が内裏に住めないときの仮の皇居として、今内裏があります。
里内裏とも言いますが、貴族の私邸がそれにあてられ、邸の持ち主は邸を明け渡して他の場所に移ったんだそうです。

1227年の火災以降は、ついに内裏も再建されることなく、現在の京都御所は、土御門東洞院殿を里内裏としていた場所です。
建物は、1855年に改築されています。


さらにその後は、京都御所の東にある、紫式部邸址に立つという蘆山寺ヘ行ったり、清少納言のお使えした中宮定子の墓のある鳥辺野へ足を伸ばす、という京都小旅行でした。


京都旅行からもどると、訳者のちがう『源氏物語』を何種類か読んだり、お香、平安時代、貴族文化についての本を読んだりして、また楽しんだのでした。



 △△△
ランキング参加! 
なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


関連HP『宮内庁参観案内:施設情報:京都御所』

関連HP『平安京』 〜Wikipedia

関連HP『有職故実〜内裏〜』

関連HP『蘆山寺』 ブラブラ歩く感覚の京都観光案内サイト

関連HP『京都を歩く 平安朝文学の舞台』

ブログ♪平安京への遷都 その1  『黒田裕樹の歴史講座』


⇒こちらも読んでライフスタイルblog彩
 ☆『京都のしまつは、ふだんの暮らしにお金かけへん
 ★『京のみやこへ
 ☆『平安時代の色々
 ★『エンターテインメントことはじめ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。