2009.06.29

漢字おやおや、親

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [漢字] ブログ村キーワード

白川静さんのことをブログにかいたので、漢字のはなしをひとつ。


きょうは、「親」についてです。

「木」の上に「立」って子どもの帰りを待ったり心配しながら「見」ているのが、「親」なんだよ、というはなしを、親の漢字をおぼえるときやなにかの機会に聞いた方、おおいのではと思います。

でも、違うんですね。

 
違うとしたらなんてうまくできたはなし、ということころですが、それでは、ほんとうは「親」の漢字には、どういう意味があるのでしょう。

の左側、「立」と「木」のくみあわせのようにみえますが、そうではないんです。

これは、はりを打った木をあらわします。

はりは「辛」、それと「木」のくみあわせですね。


木に辛をうつとはどういうことでしょう。

「辛」シンは、入墨にもちいるはりのことです。
「親」のばあいは、儀式のさいに神霊を安置する神位を作る木をさだめておくために使います。

右側に「斤」がつけば「新」。
「辛」をうってえらんだ「木」を、おので切り、そうするとあたらしく神位ができたんですね。

「新」は、神意によってことをあらたにする、そんな意味もふくまれるようになったのです。


さて「親」ですが、こちらの漢字の右側は、「見」ですね。

「見」は、目を強調した人のかたちからきています。
とくに、ひざまづいてみているようすです。

「親」のばあいは、あたらしくつくった神位をかしこまって見る、という意味になります。

あたらしく神位をつくり、位牌としてまつるものは、したしい間柄の者、とくにおやということがおおいことから、「親しい」「親(おや)」の意味がでてきたのではないか、ということでした。


漢字には音読と訓読がある、ということを教えられて、そういうものかと思いつつ、ややこしくてしかたがない漢字の多くのよみかたには悩まされてきました。

音読は、中国の読み方。

「新」も「親」もシンですね。

ただ、中国でも時代や地域によって、一つひとつみれば漢字の読み方がちがうこともあるので、日本に入ってきた時代や状況によって、音読もひとつだけに固定されていなかったりします。


訓読は、もちろん日本風の読み方ですね。

もともと日本語は、文字よりさきに話し言葉があって、書く言葉としては中国からはいってきた漢字がはじめてでした。

そこで、漢字のいみするところを日本語でいえばこう、というおきかえがなされたわけです。

漢字は、百済人とともにやってきて、初期の文字は、百済人が書き、日本流に使いこなせるようにしたものであろうと、白川静さんはおっしゃっています。


そんなふうにして漢字を使い始めたものの、公の文書、たとえばそれまで口頭でつたえられてきたものを文書にうつすというようなばあいには、なかなかたいへんだったと思うのです。

「おや」ということを書きたいのだけれど、どの漢字があてはまるのか。
今の漢字辞書のようなものはありませんから、漢字の文書を読んで、この意味ならあてはまるという文字を選んだりするのではないでしょうか。

知っている漢字のなかから、または漢籍のなかから「親」という漢字をみつけて、これだ、と喜んでしまうようなばめんもあったのではないかと思ったりします。


(前略)過去に使用された意味を背後にひそめて、単純な語句に大きな意味を含めることができ、文章に深みを出すことができるのである。
『日本書紀』内田英雄


漢字って、そんなもののようです。




 △△△
ランキング参加! 
なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします


関連HP漢字の成立ち辞典

関連HP漢字の成ち立ち

ブログ♪瑠璃色Tradition 『「文字の成り立ち」を考えるユニークな『字組広告公募展』』

ブログ♪トクダス 『銀座の筆談ホステスの本がベストセラーに。「歩」という字は、少し止るなのか? 「儲」という漢字の意味・成り立ちは?』

ブログ♪宮崎県のはんこ職人の気まぐれ日記 『心を洗う』

ブログ♪【下村昇の窓/blog版】…【今日の漢字】と【今日の天声人語】 『 待機の『待』』

⇒こちらも読んでライフスタイルblog彩
 ★『白川静の漢字世界
 ☆『ひらがな。平仮名。
 ★『毒になる?日本語
 ☆『春、はる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。