2009.05.19

時をこえる江戸の浮世絵

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村[浮世絵] ブログ村キーワード

浮世絵ときいて、どんなイメージがうかびますか?

お茶づけ海苔についていたカードを、思いだしたりしますよね。


とくに江戸時代や絵画に興味のある方でないと、あまり親しいものではない浮世絵ですが、先日のテレビで、その技術が現在の超一流をもしのぐ、すばらしいものであることを知りました。

     
そのみごとな技術はおもに2点。


ひとつは、彫りの技術。


浮世絵制作研究の第一人者である立原位貫さんが、その彫りを再現します。

再現する浮世絵は、歌川国芳の『金神長五郎』。

現存する浮世絵から写しとった下絵を版木にはり、浮世絵の線の部分をのこして、ほっていくわけです。

江戸時代の彫師は、たった一本の小刀で、太い線も細い線も、全てを掘り出しました。

とくに、1mmに3本の線がはいっているという「毛割り」、これは髪の生え際をあらわすために細い線を彫るわけですが、立原位貫さんにとってもたいへんな仕事になりました。

今回は男性の髪でしたが、女性の場合はさらに、1mmに6本という繊細な技が必要でした。

         
  

もうひとつは、摺りの色。

今回富山県で初めてみつかったというたくさんの版木は、さいわいなことに蔵の中にずっとしまわれ続けたため、版木にのせた絵の具の色が変色せずに残っていたのです。

レーザーで絵の具の成分を分析し、ひつような絵の具を割りだします。

今はない、紅花からつくった紅もなんとか再現されました。

摺りは、一枚の浮世絵について何回も行われます。

まず、墨だけの線を摺ります。

そこに重ねて、色をいれていくわけですが、多色刷りですから、何回も摺らなければなりません。

『金神長五郎』には30の色が使われています。

藍をつかう部分だけをほりのこした版木。
紅をつかう部分だけをほりのこした版木。
と、まずは色によって彫り分けます。

けれど、30色だから30枚、色ごとに版木が必要かというと、そうではないんですね。
塗り重ねることで別の色をつくっていく、ということができるので、11枚の版木と、11色の色で、30色をつくりだします。

これは、ジグソーパズルなんていうものではない、複雑な作業に思えます。


その作業をひとりでこなす、現代の浮世絵作家も、すごいですね。

江戸時代は、彫りは彫り師、摺りは摺り師と、分業制だったのです。

浮世絵は、いま思うような貴重品、高価なものではなく、江戸の庶民の娯楽だったわけですから、一枚いちまいをていねいな作品としてしあげるというより、流れ作業的にフル回転で摺られていたのでしょう。

名ものこらない技術者、職人たち何人もが、あたりまえのように、精巧な作品をつくりあげる技術をもっていたんですね。

        


葛飾北斎伝』という本の中にも、「浮世絵は、筆法、刀法、摺法の三者、並び行わるゝにあらざれば、完全なるものを発行する能はざるなり。」とあります。

北斎は、いわば浮世絵の下絵を描くわけですが、墨の色合い、色のぼかし具合について、また、彫り師は誰にしてくれとか、目の下瞼の彫り具合はこうしてと、指定の手紙を書いたりしています。

浮世絵というと、北斎や、役者絵の喜多川歌麿、『東海道五十三次』の歌川広重などの絵師を思い浮かべますが、多くの彫り師、摺り師の職人技の、つみかさなった作品なんですね。


立原位貫さんが、今回発見された歌川国芳の版木をつかってよみがえらせた浮世絵を、じっさいに見ることもできるそうです。

岡山県津山市のM & Y記念館(棟方志功と柳井道弘記念館)というところで、6/21(日)まで、特別展があります。

復刻作品に使用した15枚の版木と浮世絵が、テレビ以外でははじめて一般公開されるそうです。





 △△△
ランキング参加! 
なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします

スポンサードリンク


関連HP浮世絵 よみがえる幻の色 〜NHK ワンダー×ワンダー

関連HP立原位貫氏が今回復刻した「歌川国芳」の浮世絵及び版木等の特別展示 〜M&Y記念館

関連HPこの人と話そう…木版画家 立原 位貫さん  〜きもの専門店や和らぎ たかす

関連HP浮世絵入門 〜浮世絵ぎゃらりー

関連HPNHKテレビ放映のご案内 幻の色・よみがえる浮世絵  〜伊勢半

動画■ukiyo-e, les couleurs des kimonos

ブログ♪50代オヤジの独言 『ワンダー×ワンダー:浮世絵 』


⇒こちらも読んでライフスタイルblog彩
 ★『江戸好みの桜餅
 ☆『東海道を旅してみたら
 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。