2009.05.14

骨董好きのルーツ

『古いものに恋をして。』をようやく読むことができました。

読みたい本がふえるばかりで、ちょっと順番まちの状態だったんですね。


一番目に出てくるのが、骨董戀壺洞の女主人、関川紳子さんです。

 

骨董好きの方ならご存知の方も多いでしょう。
骨董戀壺洞は、京都にあります。

私も、京都へは大人になってからなん回か行っています。
それ以前には修学旅行で2回。

旅行でわざわざ出かけることくらいしかない私にしたら、同じ街へなんどもということでは、京都がやはり、いちばんです。


京都へ行ったら、目的のひとつは骨董屋さん

歩いていける距離で、何件も回ってみられるのが、魅力です。

戀壺洞では、上品なそばちょこと、お皿を、ひとつづつ買いました。


いつから骨董好きになったのだろうと考えると、じっさいに骨董と意識して見たり買ったりするようになったのは結婚してからだけれども、もともと祖父の影響でそういうものが好きだったんだろうと思います。

古いものに恋をして。』にも、祖父母の古い家や骨董好きに影響されてお店に来るようになったお客さんというのが多いですね、というお話がありました。

私の実家は、古くからの農家で、軒のふかいどっしりした家です。

祖父は、体が丈夫でないこともあって、早くに退職し、隠居ということばがぴったりのような暮らし方をしていました。

農家の仕事も父に任せきりで手を出さず、自分はなにやら書き物をしたり、本を読んだりということをしていました。

もっと若いころには、骨董らしい品を買ってもいたようです。

その祖父が買ったものか、もっと以前からあったものか、古伊万里らしい器が私の小さいころから使われていて、今も印象にのこっています。

祖父は、お正月、お客様の集まるとき、めったにこないお客様がみえたときなどに、普段とは違う茶器や蔵から出した器を使わせていました。


とろろ芋を入れていた、ヤシのような木が描かれた大きな。刺身をもった、蝶が向きあっている絵の菱形のような皿と、獅子の絵がかいてあった醤油皿。
ごはん茶碗は、牡丹。

みんな、白地に藍の染め付けでした。


大きくなって祖父も亡くなってから、ときどきひとりで蔵に入って、あれこれお皿をみたりするのも好きでした。

お客様がくれば使っていたきれいな器以外にも、ほこりを被っておきはなしにしてあるお皿や、ごちゃごちゃつまれた目新しい茶碗も発見して、楽しんでいました。

パッチワークをするようになってからは、たくさん積まれた古い布も魅力でした。


やはり、そんなことの延長でしょう。

骨董市が好きです。


子どもが生まれる前には夫とふたり、よく通っていた骨董屋さんもあります。

一軒は和の骨董屋さん、もう一軒はアンティークショップといったかんじのお店です。

どちらも、いわば雑貨屋さんのように、いろいろなものが置いてありました。
いまは2軒とも移転してしまったのですが。

器はもちろん、時計、お盆、鏡、ランプなど、なかにはなにに使ったのかわからないけれどというものもありました。

家具も少しずつおいてあり、ひっこしが多いのだから、家具には手を出さないでおこうという暗黙の了解も、ふたりのうちのどちらからともなく破れて、水屋箪笥、バタフライテーブル、食器棚を買いました。


器は、ずいぶん増えてしまいました。


これ以上ものが増えるのも困るなあと思いつつ、買っても使いこなせなくてはつまらない。


それでも、目新しいものを発見してワアッて思いたい、買おうかどうしようか、たぶん買うのだけれど迷ってみる、そんなわくわくを、ひさしぶりに味わいたいなあと思います。



 △△△
ランキング参加! 
なるほど!とか感動!!があったら応援クリックお願いします

スポンサードリンク


関連HPアンティークドットコム


ブログリサイクル・アンティーク黒猫堂 『伝右衛門骨董せり市場!(成田会)の報告!! 9年5月13日!不安の巻! 』

ブログアンティークショップ36号線 ブログ 『【箪笥、ラジオ、無垢材一枚板】 いろいろ入荷』

ブログアンティークジュエリー・ヴィンテージジュエリーブログ 『アンティークのモザイク』

⇒こちらも読んでライフスタイルblog彩
 ☆『『古いものに恋をして』』http://irodori-life.seesaa.net/article/113237412.html
 ★『花から草』http://irodori-life.seesaa.net/article/106861233.html
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。