2009.03.16

代理によるミュンヒハウゼン症候群とは。

代理によるミュンヒハウゼン症候群ということについて知っていらっしゃいますか?

多くは母親のようですが、養育者が子どもを、いかにも病気であるように仕立てて、自分は子どもを熱心に介護しているということで健気な保護者を演じるという症例をいいます。


こういう母親に対して、なんてひどいことをするんだろう、と思うのが普通でしょうか。

 「母に病気にされ続けたジュリー」著者:ジュリー・グレゴリー
症例のなかには、子どもの点滴に異物を混入したり、てんかん薬を飲ませたり、なかには画鋲をのませた疑いのあるばあいもあるようです。

母親なのになぜ?

ミュンヒハウゼン症候群「自分に周囲の関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり、自らの体を傷付けたり、病気を装ったりする症例の事。ビュルガーの著作から『ほら吹き男爵』の異名を持ったドイツ貴族・ミュンヒハウゼン男爵(実在)の名前から付けられている。」(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)参照)という症例もあります。

病気なんだから自分のことを大事にしてと、注目を集めたいのですね。

いっしゅの人格障害といえるようです。


これを母親が、子どもをつかって行った場合が、代理によるミュンヒハウゼン症候群ですね。

行為そのものは、子どもを危険にさらすようなことを行うわけですから、児童虐待ともいえるのですが、母親である自分に注目をあつめたいがために行うということでは、ちょっと違いますね。


それにしても、子どもを病気におとしいれるわけです。

恐ろしいといえば恐ろしいことですが、虐待といい、代理ミュンヒハウゼン症候群といい、自分がかならずそうはならない、とは言い切れないめんもあるのです。


母親だったら、もしかしたら誰しも、そうなるような誘惑がどこかに潜んでいないでしょうか。


私は、重度心身障害児の長男を育てていますが、いっそ虐待してしまったら楽だろうかと思わなかったとは、いえないのです。

代理ミュンヒハウゼン症候群についていえば、変な話ですが、わざわざ子どもを病気に仕立てなくても、けなげさを演出できるわけです。

入院といえば長期になりがちですし、食事や移動等につねに介助の手が必要で、健常児の5割か6割程度の健康状態を保っていればよし、そうでなければいつまで続くかわからない介護を親がしなければいけないのですから。

ただ、てんかんの発作をおこしたり、かんたんに高熱を発してしまって何も食べられない状態の子どもをみることは、私にとっても、ほかの重度心身障害児を育てている親御さんにしても、非常に辛いのです。
胸が痛くなるような、ということば、そのままです。

それを、大変ね、がんばってるねと言われることは、全面的に嬉しいわけでもない気がします。

じっさいのところ、つねに何かしら頑張っていなくてはならない重度心身障害児の母親としては、そんなことではなく、もっと別のことで認めてもらいたいよという気持ちがあります。


病気の子ども母親としてでないと認めてもらえないということは、やはりかわいそうなことです。

代理ミュンヒハウゼン症候群の原因はまだ、はっきりしていないようですが、やはり、ほかに自分を認めてもらう手段がない、ということがおおきい気がします。

ほかに、楽しいことや、自分が満足できることがあれば、こんなことにはならないと思います。

子どものことを本当に心配してくれる、母親以外の存在も、ほしいですね。

子どものことは母親が見るのがあたりまえ、ましてや病気だったら、母親しかいないでしょう、という、世間の目や、自分でもそう思いこんでいることが、代理ミュンヒハウゼン症候群にまで追いつめてしまうことになるのでしょう。


そして、父親はどうしているのかと、子どもを病気にしながらでないと自分の存在を認めてもらえないと思っている母親に対するはずの父親は、どこにいるのかと思います。

仕事をしないと認めてもらえない、父親の姿もそこにあります。

家のこと、子どものことも、手伝って感謝されている父親はずいぶん増えてきました。

けれども、主体的に、ほんとうに協力して子どもを育てようとしている父親は、少ないと思います。


代理ミュンヒハウゼン症候群の母親を責めてみても、問題は解決せず、もしかしたらもっと、そんな母親が増えていくかもしれません。

父親にも、地域にも、社会にも、考えてほしい問題だと思います。

 彩 コラム


      スポンサードリンク


腐敗水点滴事件

おそうじ救急隊『真実2』

幸せは途切れながらも続くのです『代理ミュンヒハウゼン症候群。』

TKN心理サロン『Voise:ミュンヒハウゼン症候群』



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。