2009.03.11

デニムで和装?

ぱらぱらと雑誌をめくっていると、おやっと思うものが目につきました。

着物姿のお写真、普段着姿らしくて、ちょっといいなあと思ってみたのですが、をみて目をみはりました。

  アンティーク着物
のあるべき場所には、ジーンズのウエスト部分が。

よくよく見れば、ジーンズがそのままになっているのでした。

後ろ姿のおたいこの部分には、ジーンズのポケットがそのままついています。


これは、じつは、日常生活を着物で過ごすという、内田春菊さんの手作りリフォームなのです。


もともと、ミシンで何か作るのが大好き、仕事の息抜きに手作り、という内田春菊さんなので、着物も、アンティークのものを作りなおしたり、揚げや半襟もご自分でつくって、と着物生活を楽しんでいらっしゃるようです。

こんかいは、アンティークショップでひとめぼれしたという、総絞りの黒地の着物に、赤白の市松もようの襟をあわせ、揚げも渋めの赤、の裏地にも、赤がのぞく、おしゃれな着こなしです。

このジーンズのも、直線縫いだからと、ジーンズを解体して簡単に作ってしまったそうです。

ウエストの前開き、ボタンまでそのままついている部分が、の正面になっているからユニーク。
ここらへんは、内田春菊さんならではという感じで、少々の奇抜さを楽しんでいらっしゃるようですね。


これを、ごくふつうにジーンズで作ってしまったら、それはもしかしたら、シーンズとわからないくらい、案外着物になじんでしまうかもしれない、そんな感じがします。

ジーンズの生地だったらしっかりしているし、でも織りのほど硬くないので、締めやすいかもしれない、なによりカジュアルな感じが、着物を着慣れない人にもなじみやすそう。


そんなことを思って、ちょっと調べてみたら、これもびっくり、デニムの着物があるんですね。


チャコールやブラック、インディゴブルーの着物、とてもデニムにはみえません。

もっとも、綿のしっかりした織物ということでいえば、なんの問題もないわけですが。

とのコーディネイトで、おしゃれで、シックで、とても素敵に見えました。


この、デニムの着物のほうは、かなり一般にも着ている方がいらっしゃるようですね。
私は知らなかっただけに意外に思い、感心もしたのですが。

着やすさ、着たときの着物の扱いの気楽さ、洗うことができる、などで、好評なようです。

男性の着物も、和型の染め抜きがしてあったりして、かっこいいものがありました。


なるほど、こうして着物が、タンスにしまわれた、晴れの日だけの特別なものでなくなるのは、楽しいですね。

 彩 コラム


         スポンサードリンク


くるりのデニム着物

デニム着物ーwanoca「和の香」

デニムの着物買いました



この記事へのコメント
初めてコメントします

和服には無縁の生活を送っていたチョビですが
日本画を専攻している娘が成人式を迎えるにあたって 色々勉強(?)しました 
そして「和」の素晴らしさを再認識しました

更に 現代の和が 現代風にアレンジされて行くのも 世間に違和感なく取り入れられている現状を 今更ながら知る事が出来ました

まさに「ここちよさ」ココにあったわけですね!

素敵なブログに感謝!
応援ポチ♪させて頂きます


Posted by チョビ at 2009.03.12 02:06
チョビさま、いらっしゃいませ。すてきなコメントもありがとうございます。

着物は、古典的なものも、アンティークも、みんないいですね。

みているだけでもため息が出てしまう、日本ならではの色使いや模様が、もっと生活に自然に取り入れられると嬉しいですね。

チョビさまのブログにも、いってまいります、
また、おこしくださいませ。

Posted by 彩 at 2009.03.13 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。