2009.02.13

年はかさねるもの

ちょっと久しぶりに、図書館で清川妙さんの本を借りてきました。


お元気かなと、ちょっと調べてみると、1月にはNHKラジオのラジオ深夜便でお話をされたり、雑誌『いきいき』3月号にも連載中ということで、まだまだご活躍のようすです。

87歳に、おなりだと思います。

  清川妙の本
カルチャーセンターの万葉集の講座でのお話から、清川妙さんが以前に『旅』という雑誌に書いた文章を読み返して、こんなふうに書いていらっしゃいます。

「初々しさは文章にも出ている。若い脚力に任せて歩き回っていることは驚くばかり。」

さて、若い、初々しいと書かれている清川妙さんの年齢は、四十八歳です。

なんというか、やられた、と思いました。

40歳から文筆活動をはじめられた清川妙さんにすれば、48歳は、初々しいといえるのでしょうが。

いま、私の年齢と引きくらべて考えると、これはまずい、と思わずにいられません。

疲れた、とか言っているばあいではありませんね。


そう思うと、
何歳でも思い立ったが吉日」「六十歳くらいで志をたてても大間に合い」

のことばが、あらためて心に響きます。


この、清川妙さんの『86歳、こころ若く生きる』のなかに、はじめて教師として教えた女生徒がいまも、古典の教室へ通ってきているというはなしがあります。

この方たちの中には、ホームページを立ち上げて、清川妙さんのほんの紹介などもされている方がいる、というので、どんなふうかとのぞいてみました。


本に紹介されていた方のホームページは、『月の船、星の林に』でした。

そして、この方がブログも書いていらっしゃる、『すぴか逍遥』。

どちらも、お年を感じさせない内容、デザインもすてきなページです。

興味をもってもう少し調べてみると、どうやら、清川妙さんの薫りをうけついだ方たちのブログを他にも発見し、ひとり感心したり、喜んだりしてしまいました。

別所沼だより
「カラマツの下の花畑」・・・・♪

それぞれ素敵で、ブログはこういうものかもしれない、とあらためて思わせられるような内容でした。


お婆さんといってよい年齢の方達のはずなのですが、そんなことをいったら失礼になる、もっとぴしっとのりのきいた、背筋のとおった生き方をしていらっしゃる、そんな方たちを思わせられました。



12:11 | Comment(0) | 彩る人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。