2009.02.03

鬼は外

節分ですね。

さいきんは、豆まきのほかに、恵方巻きを食べるなどの風習も一般化しつつあるようです。


みなさんは、豆まき、されますか?

  といえば。
節分は、その漢字のとおり節を分ける意味で、春、夏、秋、冬の季節のはじまりの日の前日なんですね。

ということは、じっさいには、1年に4回あるわけですが、行事としては、春、立春の前の日に、豆まきなどをする日を、節分とよんでいます。

旧暦では、立春の頃に正月をむかえるので、節分を一年の終わりとして、邪気をはらう行事をおこないます。

ただ、旧暦というのは、月の満ち欠けから暦を考えるので、太陽の動きにあわせた節とは、ぴったり合わないんだそうです。
ややこしいですね。

平安時代のころから、宮中では悪鬼、疫癘(悪性のはやり病など)をはらうために、陰陽師によって追儺の儀式が行われていたそうです。



なぜをまくのかといえば、

穀物には邪気をはらう力がある。

魔が滅す、魔滅、"まめ"に通じる。

といろいろな説があるようで、おもしろいですね。

節分の日には、翌年の恵方にあたる家に宿を取るという風習が有りましたが、かんたんに家の中の恵方にある部屋に移るというようになりました。
新しく移る部屋には、厄払いの意味でを撒いたと言います。これが現在の豆まきの始まりだそうです。


また、を年の数だけ食べますが、このばあいのは、自体が鬼をあらわすことになるようです。
陰陽五行の法則の木、火、土、金、水のうちの、金が、硬いとか、厄病という意味があり、鬼の象徴になります。
というのは、とても硬いので、金。金に強い火にあてるという意味で、煎って、そして食べてしまう。
ということで、鬼を退治することになります。


恵方巻きはといえば、もともとは海苔をたくさん使うように考えた海苔屋さんの戦術。
昔からあったのかとおもえば、昭和30年代ころにはじまったそうですが、なんとなくそれらしい意味があって、これもおもしろいですね。


なにげなく使っていた節分、こじつけのような、ふかい意味があるような、です。

地方によって違ったり、時代によってかわってきたり、いろいろあると思いますが、「鬼はそとー」と大きな声を出し思いっきりをまいたら、なんだかすっきりと、春が迎えられそうですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。