2009.02.02

ひとりで威勢良く行動する

中山庸子さんの、『「ひとり時間」のススメ』を読んでいます。

ひとり時間」は、ひとりになってきょうの自分を褒めてあげたり、ゆっくりバスタイムを楽しんだり、自分の興味を勉強してみたり、という時間です。


また、「ひとりで行動する時間」でもあります。


女性が、たとえばひとりでご飯を食べていることを、みなさんはどう思いますか?

  「わたしの夢」をかなえる魔法のノート


ひとりはみじめでいやー、という方もいらっしゃるでしょう。


わたしは、ひとりで喫茶店に入ったり、軽い食事をしたり、ひとりでぶらぶらしたり、ということが、気がつけば多いのです。

日帰りで旅行とまではいかなくても、ちょっと遠出をして買い物をしたり。


みんなでいっしょ、ということが苦手なためでもあります。

ひとりのほうが気楽でいいのというような、多少つよがりな気持もあります。


中山庸子さんは、ひとりですっきりと買い物をする、ひとりでかっこよくご飯を食べる、美術館や展覧会もひとりでゆっくり楽しむ、お稽古ごとやあたらしい経験にもひとりでチャレンジしてみる、といったことを勧めています。

『いつも誰かを誘ったりグループで行動するのなら安心というエリアにとどまっていないで<本当に興味があるときはひとりでサッと行動する>』ようにしましょう、とおっしゃっています。


みんなといっしょが楽しくていいなと思っている人たちは、いつのまにか、なんでもいっしょじゃないと物足りなかったり、ひとりは不安だったり、ということになりがちなのかもしれませんね。


わたしは、みんなといっしょというより、ひとりのほうが気楽でいいかな、と思っていただけなのですが、

『自分ひとりで行きたいところに行き、したいことをするというシンプルさも、自分の人生の中にたっぷり持っている……のはすてき』

と言ってもらえたら、自信がもてます。


せっかくのひとりを、もっとエンジョイして、よりかっこいい、ひとりをめざしたい、そんなふうに思いました。

この記事へのコメント
はじめまして。
風花さんの過去記事から来ました。

私も「ひとり」で行動するの好きです。
心の赴くままに街を歩いて、良さそうな
カフェで一休みしたり。

誰にも思考を遮られる事なく
五感を遮られる事もない。

風の音や、風が木々を揺らす音も最高の音楽。
それに浸りながら過ごすひとりの時間が大好きです。
Posted by サトミ at 2009.02.02 20:08
サトミさん、いらっしゃいませ、ありがとうございます。

そうなんです。

ひとりでいてこそ、フル回転できる五感と、思考がありますね。

風の音や木々の音に耳を傾けられるサトミさんも、すてきですね。
Posted by 彩 at 2009.02.02 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。