2009.01.16

嫁にいくから、旅?

清川妙さんは、84歳でイギリスへひとりを敢行し、それもすごいことだと思っていました。


が、『嫁にいくから旅に出た』の著者のセイノマイさんは、すごいをとおりこして、あっぱれとしかいいようがありません。


  旅じたく

もともと、バックパッカーとしてあちこちをされてきたセイノマイさんにとっては、すごくもなんでもないことだ、というこのギャップは、どこからうまれるのでしょう。

海外旅行といえば、いつまでたっても海外旅行で、決心がいったり、時間調整をしたり、お土産を考えたり、一生になんどかというのが、ふつうの感覚ではないでしょうか。

バックパッカー、あこがれとともに、どうすればそのような生活ができるのか、とても不思議に思える存在です。

家族は、日常の生活は、旅行資金はと、現実的なことが気になります。


セイノマイさんは、こんかいは、結婚するからその前にと1年間のにでます。
結婚前の1年間、結婚へむけて準備をしたり、新居を思い描いたり、結婚式や披露宴のセレモニーに頭を悩ますなどをせずに、、というところが、また不思議ですよね。


『嫁に行くからに出た』では、イタリア、スペイン、モロッコ、エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、エチオピア、ケニア、ウガンダ、ペルー、ボリビア、アマゾン、アルゼンチン、チリ、ペルーなどをしています。

 ⇒イタリアへ行くなら 『旅ボン
 ⇒スペインへ行くなら 『スペインへ行きたい!

どこへ行きたいか、何を見たいかということは、日本でピックアップして、の流れとしては計画があったようですが、いつどこへ行くかということは、現地へ行ってみての感覚で決めていたようです。

本当にすごいと思うのは、サハラ砂漠にテントをはって、1ヶ月ちかくひとり暮らしをするようなことができてしてしまうこと。
それまでのバックパッカー生活での経験で、自分の限界やできることがみえているからこそだとは思いますが。


それから、英語その他、少しはなすことのできる言葉もあるようですが、まるで会話の通じない場所でもあまり困った様子のないこと。
なにを言っているのかわからないけれど、まあこんなことだろうと、わかったつもりでいられる。
これも、経験がものをいうのでしょうか。


もうひとつ、10分も待つといらいらという日本の時間感覚が、まるで通用しない場所でも、焦ったりしないこと。
ケニアのサファリツアーでは、3泊4日のはずが、ジープのドライバーが持ってきた小切手では入園料が払えないと、現金の輸送をまって1日が暮れ、4泊5日の行程になって食料も足りなくなるという珍道中。


こういったことすべてを、楽しむことができないと、なかなか実現することは難しそうではありますね。


セイノマイさんご本人は、「海外に行けば騙されます、泣かされます、物盗られます。」と書いていらっしゃいますが、だからといって海外の人は信じないとか、騙されないようにブロックを硬くしているということがありません。

モロッコでのこと。
かたや、友達として街を案内してやるという男性とカフェで知り合い、「カネくれって言われても払わなきゃいいかと付いていく」セイノマイさん。
そんなお気楽なことで大丈夫なの?と、こちらのほうがはらはらします。
民族楽器の演奏と飲み物のお店で高くとられたものの、じゅうたんの売りつけをすりぬけ、自分の親のレストランで食事をしていけという強引な誘いをことわり、チップの要求をはねのけ、「『ありがとう楽しかった〜』と笑顔で立ち去る。はー危ない危ない。」

かたや同じくモロッコのレストランで知りあった英語のはなせるおじいちゃんと、楽しくおしゃべりをし、家にクスクスを食べにこいと言われてついていき、近所の人までよってきてみんなで食事。
そんなふうに仲良くなって、次の国に旅立つときには「『ありがとう楽しかった』と何度もつぶやくおじいちゃんが泣きそうになっていて、ヘタレな私は『全部おじいちゃんのおかげだよ』と呪文のように繰り返した。」

お金のことにしても、基本的にはちゃんと用心深く、警戒もしていて、でも人を信じることもできる、バランス感覚がすばらしいですね。


きゅうにそんな旅をしてみろと言われても、肩に力が入って、緊張の連続で、どうしようとおろおろすることばかりであろう私は、楽しむどころではないでしょう。

心底、セイノマイさんが羨ましいけれど、こればっかりは、自分でそうしようと思わないかぎり、どうしようもありません。

いまのところは、本を読んだだけで、じゅうぶん、楽しませていただきました。

旅に出たくなる地図(世界)新訂版 あなたもきっと旅に出たくなる音楽CD 旅と音楽と、 / V.A.








11:06 | Comment(0) | 彩る人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。