2008.09.26

大島弓子のグーグーと一杯のミルク

大島弓子さんの『グーグーだって猫である』が、映画化されているんですね。

わたしは最近知ったので、ちょっと、びっくりでした。

グーグーだって猫である』は、映画化するようなドラマのようなストーリーがなく、地味なはなしだと思っていたからです。
それに、『グーグーだって猫である』、わりと以前に描かれたまんがだと思っていたので。

映画の『グーグーだって猫である』は、主演が小泉今日子さんというのも、ちょっとびっくりでした。
大島弓子さんは、いつもイラストでご自分のことを描いていて、どんなお顔なのか知らずにいますが、小泉今日子さんとは結びつかなかったのです。

でも、どうやら、映画のほうは、お話が原作とは少しだけ違うようですね。

グーグーだって猫である』の漫画のほうは、なんと、まだ連載中なのでした。
二度、びっくり。
しばらく前に図書館でみかけて喜んで借りたのですが、もう次の巻が出てお話もおわっているものと思っていました。
(大きな図書館でないので、全巻揃っていなかったりするのも、有りなのです)

現在は、「本の旅人」で連載中のようです。


さて、

    グーグーだって猫である







大島弓子さんは、もちろん大好きなのですが、なんというか、好きで好きでという熱狂とは少しちがって、いつもそこにいてくれたらいいなあ、というかんじです。

大島弓子さん初期の作品群には、わりと熱狂して、コミックがないので古本で探して、たまたま見つけて大喜び、というように読んでいました。

ミモザ館でつかまえて』『野イバラ荘園』『さようなら女達』などなど、印象にのこる題名も多いのですが、作品が多いこともあって、どれがどんな内容なのか、はっきり覚えていません。


もう少しあとの作品『バナナブレッドのプティング』は、月刊セブンティーンに連載されていたのを、珍しく雑誌を買って読んでいました。古い話ですねえ。

『バナナブレッドのプティング』は、その当時なにやらわけが解らず、理解しがたく思っていました。

あとになってコミックになったころに読んで、とても響いてきたのです。

「さあミルクをのんで」と、わたしも渡してほしかったから。


そしてラストで、主人公の衣良は、夢をみます。
まだ生まれてもいないあかちゃんに「『まあ生まれてきてごらんなさい』」と「『最高に素晴らしいことが待っているから』と」言っているのです。

「最高に素晴らしいこと」を、『綿の国星』のちびねこちゃんがさがし求めていました。
そして、いま、大島弓子さんは、生きているだけで素晴らしい、ということをグーグーといっしょにみつけたのではないかと思います。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。