2008.09.25

毛塚千代『手作りのあるやさしい暮らし』を3K団地で

毛塚千代さん、ごぞんじですか?

手芸好きの方なら、当たりまえのように、知っていらっしゃるかもしれませんね。
いまでは、カントリー雑貨や、手作り大好きという方達にファンの多い毛塚千代さんですが、ごく平凡な主婦だった方です。
ご本人はきっと、普通の主婦だよ、といまでも思ってらっしゃるでしょうね。


わたしは、もうずっと以前の、毛塚千代さんを、知っています。
『私の手作り』という雑誌に、よく紹介されていました。

読者の方の、手作りの小物や、インテリアの工夫、リフォーム、等々を紹介することがメインの雑誌でした。ガーディニングもパッチワークもありという間口のひろい、手作りをしてみたいとおもわせるような、内容でした。

毛塚千代さんは、いまと同じ3Kの団地にお住まいで、お子さんもまだ小さく、部屋の中をああでもない、こうでもない、と模様替されていたのです。

3Kの部屋をなんとか理想に近づけようと、試行錯誤の時代だったようです。
色使いも統一されていなかったり、まだまだすっきりしていなかったり。
今考えると、一生懸命なんだけれど、洗練されていないという感じです。

主婦が、狭い、古い、暗いイメージの部屋をなんとかしたい、という雰囲気が『私の手作り』によく表れていました。
とにかくカントリーらしい人形やら雑貨を飾ってみたり、パッチワークをせっせと作って家具も台所用品も覆ってみたり。

わたしも、もちろん、いろいろやりましたよ。
結婚してすぐの頃は、安い借家住まいで、何をしてもクレームがくるような家ではなかったので。ペンキを塗って壁を白くしたり、ふすまをはずしてみたり、手作りのカーテンをかけてみたり。


そんな毛塚千代さん、いまはどんな暮らしをされているのでしょうか。



毛塚千代さんのほのぼのカントリー日和 毎日をhappyにする14のキーワード』という新しい本が、なんと、2008年の9月に発売されているのです。

わたしも、ひさしぶりに毛塚千代さんの本を見たいなあと『毛塚千代さんの手作りのあるやさしい暮らし』を取り出して、それじゃついでにと、検索してみたら、ぴたり、みつかったのです。

これには、DVDもついているようですよ。


カントリーアンティークのすてきな暮らし』という本でも紹介されているように、毛塚千代さんは、いまではカントリードールの作家さんとして、有名になっていらっしゃるんですね。

10月25日26日 私のカントリーフェスタ・イン・清里で、ドール教室を開催したり、12月3日〜7日 『毛塚千代のDVD付き新刊本発売記念個展と仲間展』を青山のギャラリースペースキッズで開催したり、という楽しい予定もあるそうです。


私自身は、ドールやカントリーの世界はちょっと、という感じなのですが、毛塚千代さんは、大好きです。

挫折期間が長くて、とても毛塚千代さんのようなわけにはいかないのが、悔しいですね。

毛塚千代さんは、ほんとうに今でも、毎日手作りの日々の様子。
いまでは、おへやも、まったく団地の一部屋とは思えません。


むすめさんのみゆきさんのブログに間借りして、楽しい日々の様子、手作りでさらに進化している団地のお部屋とベランダの様子を紹介してくれています。(『ほのぼの生活日和』http://honobono-biyori.blog.so-net.ne.jp/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
出会い系サービス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。