2010年07月31日

枝豆か、大豆か。

[枝豆] ブログ村キーワード


枝豆大豆であるということは、ごぞんじの方が多いかもしれませんね。

私も、知ってはいるはずなのですが、いまひとつ、よくわかりません。

どういうことなのでしょう?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村
>>「枝豆か、大豆か。」 の 続きを読む
posted by 彩 at 15:00 | Comment(0) | 季節の彩り 夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

勉強はなぜやるの?

[夏休みの宿題] ブログ村キーワード


お子さんたちは、夏休み突入、しましたか?


こちらでは、明日終業式という学校もあり、なぜか夏休みが短いというのが、学生のころは不思議で不満でした。

母親となった今では、とうぜん、夏休み、長いのは、ちょっと困りものですね。

宿題も、かだい帳以外に、工作つくったり、感想文を書いたり、日記も書いたりいろいろあって、気がつけば夏休みも終わりがちかい、っていうことになってしまいがちです。


勉強なんて、どうしてやらないといけないのだろう、宿題なんて、どうしてあるんだろう、なんていうことばが、お子さんの口から聞かれたこと、ありませんか?


 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
 >>「勉強はなぜやるの?」 の 続きを読む
posted by 彩 at 16:53 | Comment(0) | ことばで彩る 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

花火

 [花火] ブログ村キーワード


花火にも、ことし人気のある、というものがあるんですね。


ジャパンブルー」。

サムライブルーのサッカー日本代表をイメージした、その名もジャパンブルー

もちろん、火花も青く、外見もシンプルで、すっきり。

青い色の火花というのは、火薬の配合が難しいらしく、研究がすすんだ今だからこそ出せる色彩だそうです。

手もちのものも、本格的な25メートル打ち上げ花火もあります。


龍馬伝」。

これは、もちろん、福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ『龍馬伝』にちなんだ花火。

ドラマの影響で活気にあふれた長崎の活性化に自分たちもひと役かいたいと、「長崎県煙火協会」が、つくった花火です。

このような協会として花火をつくることはめずらしく、長崎でもはじめてだそうですよ。

龍馬の豪快さをあらわしたという、20メートルの打ち上げ花火と、
「坂本龍馬の疑問や憤りが噴出す!天に届くか、龍馬の気持ち!」と力のはいった噴水・ドラゴン花火です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村
>>「花火」 の 続きを読む
posted by 彩 at 21:56 | Comment(0) | 季節の彩り 夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

熱中症対策、お気をつけて。

 [熱中症対策] ブログ村キーワード [熱中症] ブログ村キーワード


熱中症対策、みなさん、大丈夫でしょうか?


暑い、とは口にしたくないけれど。
暑いとしか言えない日々ですね。


わが家の長男くんは、重症心身障害児であるゆえ、気温に影響されて熱が上がってしまって困っています。

畑に出て、とか、道を歩いていて、または家にいるなど、本人はごく普通に生活しているはずなのに、熱中症にかかってしまうこともありますね。


熱が出たら冷やしなさい、とか、涼しいところで休みましょうといった対症法しかないのでしょうか。

この暑い夏、どうやってのりきったらよいのでしょう?
きょうも、熱中症指数があがって、「厳重警戒」「危険」の地域がおおくなっています。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
>>「熱中症対策、お気をつけて。続きを読む

2010年07月22日

お米は日本人の主食です?

  [弥生時代] ブログ村キーワード


弥生時代、少なく見積もれば1日約0.28合。
多く見積もっても1日0.9合。
お米を食べていたらしい、です。


1合は150gです。

65グラムのお米を炊くと、約おちゃわん一杯のごはんになります。


0.28合は42g。
0.9合は135g。

今の炊き方で考えると、お茶わんに6〜7分目から2杯分くらいですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

>>「お米は日本人の主食です?」 の 続きを読む
posted by 彩 at 16:00 | Comment(0) | ことばで彩る 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

『借りぐらしのアリエッティ』

  >>[借りぐらしのアリエッティ] ブログ村キーワード


もう公開なんですね。
借りぐらしのアリエッティ』。


スタジオジブリの最新作ですが、こんかいは、監督初の米林宏昌さん、企画・脚本が宮崎駿さんです。

原作は、メアリー・ノートンの『床下の小人た』。


私は、この『借りぐらしのアリエッティ』のストーリーを読んで、こどものころに夢中になった、佐藤さとるさんの作品を思いだしました。


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村
>>「『借りぐらしのアリエッティ』」 の 続きを読む
posted by 彩 at 12:05 | Comment(0) | もので彩る 美術、文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

雨の日には、、、。

   [雨] ブログ村キーワード 


雨、ですねえ。
梅雨らしく、しっかりふりますね。


日本らしくしとしと降るような梅雨でなく、一瞬のスコールのような雨がざあっと降る、亜熱帯のような降りかただなあと思うのも、私だけではないでしょうね。


こんなときに、をさして出かけるのは、嬉しくありません。

小学生も高校生も、が降ってもちゃんと傘さして、まいにち登校していくので、感心してしまいます。

私もきのうは、片づけなければいけない用事がたまって、重い腰をあげて出かけることに。
ところが、雨のなかを歩くのも、なかなかいいなあと思えたのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村
>>「雨の日には、、、。」 の 続きを読む
posted by 彩 at 16:02 | Comment(0) | 季節の彩り 夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

紫蘇のひみつ

紫蘇の良さをいかした食品、紫蘇を使った製品、ずいぶんあるんですねえ。
健康嗜好がブームなのでしょうね。


紫蘇、むらさきの文字が使われているところをみると、赤い紫蘇がさきにあったのでしょうか。


あかい紫蘇のほうは、梅づけに使う色づけといった用途しか思い浮かびません。


緑の葉の紫蘇は、刺身などにもかならずツマについていますね。
きれいな葉は、ずいぶん消毒しているから食べないほうがいいというはなしも、わざわざ刺身についているのは栄養的にも意味があっているから、食べないと、というはなしも聞いたことがあります。


わが家では、夏の料理には紫蘇は欠かせません。
いよいよ、紫蘇の季節になりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [紫蘇] ブログ村キーワード
>>「紫蘇のひみつ」 の 続きを読む
posted by 彩 at 15:58 | Comment(2) | ことばで彩る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

日本を上に見てみたら

逆さ地図というものがあります。
正式には、環日本海諸国図。


学生のころに読んだ本に、世界地図を逆さまに見てみよう、そんなことをやってみると、今までと違うものの見方ができるというような文があり、部屋の壁に、世界地図を逆さまにしてはってみていたことがありました。

はじめはへえっと思ったものの、どうも、逆さまにした世界地図として見えてしまいました。


ところがこの逆さ地図をみたときは、目をみはる思いがしました。


私はこれを、日本の歴史00『「日本」とは何か』で見たのですが、日本が、まるで日本に見えませんでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [地図] ブログ村キーワード [日本] ブログ村キーワード
>>「日本を上に見てみたら」 の 続きを読む
posted by 彩 at 15:51 | Comment(0) | ことばで彩る 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

イギリス人の名前

イギリス関係の本を読んでいて、ちょっとおもしろいことを知りました。


イギリス人の保守的なところは、そんなごくあたりまえなことに、よく現れているんだなあ、というはなしです。


『イギリスを知るための65章』という本に、イギリス人のについて書いてあり、2002年「赤ちゃんの名前トップテン」がのっていました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [名字の由来] ブログ村キーワード [名前] ブログ村キーワード

>>「イギリス人の名前」 の 続きを読む
posted by 彩 at 11:09 | Comment(0) | ことばで彩る 外国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

看護のむずかしさ

ここ1年半ほどのあいだに、長男の入院が4回ありました。
病気で、ということもあれば、検査のため、予定された治療のためと、理由も入院した病院も、さまざまでした。


重症心身障害児の長男にとって、入院はそれほど特別なことではありません。
それでも、長期の入院だったり、病院も3カ所ということで環境や対応がちがったりして、入院や看護、看護師さんのことについても、考えさせられることがありました。


義父が病気療養中のこともあり、書店でふと気になって老人の介護についての本を購入しました。
楽しいはなしなのですが、病院や看護師さんについてなるほどと思うことが書いてあり、うなずきながら読んでしまいました。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 [看護] ブログ村キーワード
>>「看護のむずかしさ」 の 続きを読む
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。