2009年10月30日

子どものホスピスを知っていますか?

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村 [ホスピス] ブログ村キーワード

先日の『NHK プロフェッショナル 仕事の流儀』では、アンコール放送で『診療所医師・中村伸一』をやっていました。

中村伸一さん、ほんとうに、すごい医師です。


私は、静岡てんかん・神経医療センターに重症心身障害児の長男を入院させていた時に、入院棟の本棚にあった山田貴敏さんの『Dr.コトー診療所』を、はじめて手にしました。

中村伸一さんの地域医療をみたとき、Dr.コトーそのままの人、現実にもそんな医師がいるんだ、となかば信じられないような気持ちでした。

  

続きを読む

2009年10月28日

ウォーキングをしてみよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [ウォーキング] ブログ村キーワード

万歩計を買いました。

歩けば、卵がなにかに育っていくはずなのですが、4日目にして家出をされました。

あまりに歩くというパワーを与えてあげないと、そういうこともあるようです。

リセットして、きのうからまた、卵を育て始めました。

 万歩計いろいろ
続きを読む
posted by 彩 at 11:00 | Comment(0) | ことばで彩る 家庭、暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

『京の手づくり』その1

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [職人] ブログ村キーワード

大村しげさん、『京のてづくり』。
大村しげさんが、「わたしの肌にいちばん密着した」「暮らしに近いところから選んで行った」手づくりの品々が紹介されています。

職人さんというと、ちょっと言いかたが硬いかもしれませんが、手の技をもった人々のはなしです。

講談社からの初版が昭和49年、文庫本の出版も昭和55年と、この本自体がひと昔まえのものになってしまい、現在では古本でないと手に入れられません。


京都という土地柄とはいえ、いまでもこれらの職人さんは、のこっているでしょうか。
手づくりのまま、作られつづけているのでしょうか。

 
続きを読む
posted by 彩 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彩る人々 職人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

幸せになるこつはだわりをすてること

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [仏教] ブログ村キーワード

さいきん少しきになっているブログ、『山寺のんびり日記』に「お経には何が書いてあるのか?」という文がありました。

ここのところ加藤智見さんの『世界の宗教が面白いほどわかる本』を読んでいて、仏教の教えについても書いてあったこともあり、興味深く読ませていただきました。

こだわりを捨てなさい 自分についてのこだわりを捨てなさい


ということがお経には書いてるのでは?
「幸せになるためには 自分へのこだわりを捨てる」のが大事だと思うとおっしゃっています。


   

続きを読む
posted by 彩 at 16:00 | Comment(0) | ことばで彩る 夢、幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

岡野玲子さんのえがく陰陽師とは

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [陰陽師] ブログ村キーワード

陰陽師についてちょっと調べてみたいとgoogle検索したところ、約 1,300,000 件のヒットとなりました。

陰陽師は、過去のものではないの?
現在でもなぜ、陰陽師なのでしょうね。


だれにも何かしら、祓いたいものがあるからでしょうか。

   
「岡野玲子さんのえがく陰陽師とは」の続きを読む
posted by 彩 at 13:35 | Comment(0) | 彩る人々 小説家、漫画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

八百万の神の国

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [信仰] ブログ村キーワード 

JAFの冊子ジャフメイトをぱらぱらとみていたら、島根県の特集で出雲が紹介されていました。

『古事記』などからの影響で日本のさまに興味があるところなので、ちょっとじっくり読んでみました。

 10月は神無月。各地でさまがいなくなる月だが、出雲では神在月になる。八百万の様がこの地に集まるのである。


そんなはなしを聞いたことがありますね。
出雲大社には、さまたちの宿泊施設になる社があるそうですよ。
神無月いがいのときは、空の社ということになりますね。

稲佐の浜で八百万のさまをむかえる神迎えの神事を行い、町中を練り歩いてから出雲大社に入っていただきます。

人間も、この時期には、お正月よりおおぜいの方が参拝されるようです。

 加藤智見の本

続きを読む
posted by 彩 at 13:02 | Comment(0) | ことばで彩る 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

いくつになっても

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [老化] ブログ村キーワード

先週土曜日の夕方のラジオ、 Saturday Waiting Bar AVANTIでは、留学のはなしでもちきりでした。

私は、夕食の用意をしたり重症心身障害児の長男のお風呂の世話をしたりしながらだったので、よくは聞くことができなかったのです。
が、なんだかみなさん、お若いころにえいやっとばかりに留学されてしまって、すごいなと思ったのでした。

 
続きを読む
posted by 彩 at 14:12 | Comment(0) | ことばで彩る 夢、幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

青池保子さんと、漫画の舞台

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [青池保子] ブログ村キーワード

音楽、ライブやコンサートでは、お客さんみんなといっしょにその一曲をつくりあげていくという感じがありますね。

けれども絵画や小説などの作品は、いったん世の中にでてしまうと、作者とは別の場所で、独立して存在するものになってしまいます。

見る側、読むがわも、作者に思いをはせることはあっても、お互いに意思を疎通しあうようなことはあまりありませんね。


これは漫画の作品ですが、連載というかたちであるからこそ、作者と読者がある意味で協力しながら作品を作ったというというものがあります。


「青池保子さんと、漫画の舞台」の続きを読む
posted by 彩 at 12:17 | Comment(0) | 彩る人々 小説家、漫画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

努力のかいだんをのぼる

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [夢] ブログ村キーワード

多胡輝さんの『夢を実現する「一日の過ごし方」』という本を読んで、ほんの一行のこんな文が気になりました。

 一日一回、つらいほうを選ぶ。夢の階段を上がる人にはそんな心がまえがあります。



続きを読む
posted by 彩 at 12:12 | Comment(0) | ことばで彩る 夢、幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

日本人から見たインド

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [インド] ブログ村キーワード

○○って、おもしろい。興味があるなあと思っていると、やっぱりちゃんと、アンテナにひっかかってくるんですね。

インドっておもしろい、と思って歩いていたので、本屋さんでインド本、みつけました。


インドへの興味がこうじて、インドにすんじゃった、というかたがいます。

冬野花さん。
インド人の頭ん中』の著者です。


続きを読む
posted by 彩 at 13:18 | Comment(0) | ことばで彩る 旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

子どもと教育と親

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 [学校教育] ブログ村キーワード

外山滋比古さんの『思考の整理学』を読み始めています。

 ところで、学校の生徒は、先生と教科書にひっぱられて勉強する。自学自習ということばこそあるけれども、独力で知識を得るのではない。いわばグライダーのようなものだ。
 (中略)
 学校はグライダー人間の訓練所である。飛行機人間はつくらない。グライダーの練習に、エンジンのついた飛行機などがまじっていては迷惑する。危険だ。学校では、ひっぱられるままに、どこへでもついて行く従順さが尊重される。勝手に飛び上がったりするのは規律違反。たちまちチェックされる。やがてそれぞれにグライダーらしくなって卒業する。


わが家の次男も小学校に入り、なるほどなあと思うこともあるのです。

 外山滋比古著作
続きを読む
posted by 彩 at 12:24 | Comment(0) | ことばで彩る 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ディズニーランドのしあわせスタイル

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 [ディズニーランド] ブログ村キーワード

もうしばらく前になりますが、ラジオでこんなはなしを聞きました。


ディズニーランドへ行った、ある若い夫婦のはなしです。

その夫婦は、ディズニーランドにあるレストランで、お子様ランチを注文しました。
ところが、お子様ランチは、9歳以下と、メニューにも書いてあるのです。
これに対応したディズニーランドのスタッフは、いったいどうしたでしょう。


続きを読む
posted by 彩 at 13:24 | Comment(0) | ことばで彩る 夢、幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

八の意味するもの



小田静夫さん『日本人の源流』より

 世界各地に伝わる神話には、このように特定の数字が好んで使用されることが多い。この数字は聖数と呼ばれ、民族によって異なる。たとえばインド・ヨーロッパでは3または9、アメリカインディアンでは4、ツングース語族では5、アイヌでは6、ヘブライ語族では7、そして日本では8だ。



なるほど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [八咫烏] ブログ村キーワード続きを読む
posted by 彩 at 12:41 | Comment(0) | ことばで彩る 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

縄文時代の食生活は?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [縄文時代] ブログ村キーワード

学校の社会科で勉強した縄文時代というのは、火炎のような土器の縄文式土器をおぼえているくらいで、あまり印象にありません。

縄文式土器の縄文時代があって、次が弥生式土器の弥生時代になる、それくらいの情報しか、教科書からは受けとれなかったようです。

小田静夫さんの『日本人の源流』という本のなかに、「『食』の起源を遡る」という興味ぶかい頁がありました。

これを読むと、縄文時代の日本人は、私が思っていたよりよほどゆたかな生活をしていたようです。

 縄文時代から食べられてきた
続きを読む
posted by 彩 at 12:11 | Comment(2) | ことばで彩る 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。