2009年05月29日

とんでもございませんとはとんでもない

ことばの由来』に

トンデモナイというのはトデモナイが変化したものである。


とあります。

「と」は、途中の途の字で、道や道筋を意味することばだそうですから、道からはずれることは、とんでもないこと、ということになりますね。

思いがけないという意味の「飛んだ」からきているという説もあるそうですが、トデモナイが変化したという説が正しいようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

とんでもねえ野郎


続きを読む
posted by 彩 at 12:11 | Comment(2) | もので彩る 文字、ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

一期は夢よ

「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」

作家である栗本薫さん、評論家である中島梓さんが亡くなりました。

 

続きを読む
posted by 彩 at 11:50 | Comment(0) | 彩る人々 小説家、漫画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

困ったモノは寝かせるほど、高くつく

先日のブログにも書いたように、げんざい、自分の身の回りが雑然と、モノが多く、それだけでイライラの原因になっています。

とくに、服。

これは、捨てたり処分できていないのが、よくわかっています。
自覚症状がはっきりあるのですが、それでも捨てられません。

理由は、使えると思うから。

それは、まだ着るかもしれない、ということより、パッチワークや手づくりをするときの材料になるかもしれないと思ってしまうということ。

手づくりやパッチワークも、どんどん実践で着ていければいいのだけれど、いまの状況では、ブログでほとんど手いっぱい。

やりたいと思う気持ちだけなんです。

  


続きを読む
posted by 彩 at 12:14 | Comment(0) | ことばで彩る 家庭、暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

シンプル イズ ベスト

先日のブログに、『摩利と新吾』のことを書こうと思い、さてどこにしまったかと探すものの、なかなかみつかりません。

けっきょく、本棚ではなく、ボックス型の本用の引き出しにしまってあったのですが、どこかへなくしてしまったかしらと、焦るくらいでした。

文庫本、コミック用の引き出しもたくさんあって中身をひとつひとつ確認しないと、何が入っているのかわからないこともありますが、引き出しボックスの前や横、まわりにほかのものがなにかしら置かれてしまっていたことが原因でした。

 
続きを読む
posted by 彩 at 14:35 | Comment(0) | ことばで彩る 家庭、暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

まんがの壺にはまる

みなさん、まんがは、お好きですかー?

私は、とても好きです。

ときどき無性に読みたくなりますが、まんがはいったん読みだすと止まらないので、要、注意。

  なつかしまんががたくさん
続きを読む
posted by 彩 at 12:07 | Comment(2) | もので彩る 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

どんなにばかなことでも

先日のテレビ『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、公務員が登場。

いったい公務員のどこがプロフェッショナルなのかと、あまり興味をひかれないままに見ていましたが、けっきょく、なるほどねえと思わされ、最後まで見てしまいました。

公務員木村俊昭さんは、ばかものです。

  プロフェッショナル仕事の流儀きのうの自分をこえてゆけ
続きを読む
posted by 彩 at 12:00 | Comment(1) | 彩る人々 man | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

指切りげんまん、ウソついたら針千本

子どもの世界には、おもしろいことばが出てきますね。

かごめかごめの遊びもなにか意味があるというように考える人が、たくさんいます。

なかには、かごの鳥はじつは囚人であるとか、自由のない遊女のことだとか、子どもを相続争いで殺された母親の恨みのうただというような、説もありました。

子どもの世界のうたに、どうしてそんな恐ろしそうなはなし?というのは不思議ですが、「指切りげんまん」にもなにか、そんな怖い意味があるのでしょうか。

 

続きを読む
posted by 彩 at 11:50 | Comment(0) | もので彩る 文字、ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

時をこえる江戸の浮世絵

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村[浮世絵] ブログ村キーワード

浮世絵ときいて、どんなイメージがうかびますか?

お茶づけ海苔についていたカードを、思いだしたりしますよね。


とくに江戸時代や絵画に興味のある方でないと、あまり親しいものではない浮世絵ですが、先日のテレビで、その技術が現在の超一流をもしのぐ、すばらしいものであることを知りました。

     
続きを読む
posted by 彩 at 11:11 | Comment(0) | もので彩る 美術、文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

朝から「どっこいしょ」

「どっこいしょ」って、いつのまにか言ってしまうな、という方も、多いのではないでしょうか?


どうしてかけ声は「どっこいしょ」なの?外国では、そんなかけ声はあるのかな?

きょうは、「どっこしょ」のはなしです。


続きを読む
posted by 彩 at 11:17 | Comment(0) | もので彩る 文字、ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

骨董好きのルーツ

『古いものに恋をして。』をようやく読むことができました。

読みたい本がふえるばかりで、ちょっと順番まちの状態だったんですね。


一番目に出てくるのが、骨董戀壺洞の女主人、関川紳子さんです。

 

続きを読む
posted by 彩 at 11:10 | Comment(0) | もので彩る 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ひらがな。平仮名。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村 [ひらがな] ブログ村キーワード [源氏物語] ブログ村キーワード

いつれのおほむときにかにようこかういあまたさふらひたまひけるなかにいとやむことなききはにはあらぬかすくれてときめきたまふありけり


これ、なんの文章か、わかりますか?

いづれの御時にか、女御かういあまた侍らひたまひける中に、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれてときめき給ふ有けり。


こう直すと、どこかで見たような、になりませんか?

そう、源氏物語です。

 

続きを読む
posted by 彩 at 11:56 | Comment(0) | もので彩る 文字、ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

亜細亜的孤独旅

 [深夜特急] ブログ村キーワード

すっかり、ひとり旅に魅了されています。

といっても、文字のうえでの、想像の中でのですが。


  劇的紀行深夜特急 大沢たかお/松嶋菜々子

続きを読む
posted by 彩 at 13:25 | Comment(0) | ことばで彩る 旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

いまどきの中学生は?

「お子さんは?」

「ふたり?ひとりっ子だと思っていたけれど、よかったわねえ」

「上はお姉ちゃん?それじゃ、しっかりしているでしょう?」

「えっ、もう23?そろそろねえ。だれかいい人、いるのかしら?」

「下は高校生?大変ねえ」

なにげない会話のつもりで書いてみました。

だれしも、言ったり、言われたりしたことのありそうなことではないですか?


  藤原和博キミが勉強する理由
続きを読む
posted by 彩 at 10:19 | Comment(0) | もので彩る 文字、ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

子どもを守るために

[学校] ブログ村キーワード

 今、学校は子どもたちの安全を考えるあまり、すっかり子どもたちを管理してしまっています。
 (中略)
こんなことを言うと、過激だと叱られそうですが、人間が本当に自由を求めて生きようとしたら、死もつねに想定しておかないと無理じゃないかと私は最近思い始めました。死ぬということはいつだってあり得るんだということをね。死を含めて考えないかぎり、私たちは自由には生きられないのではないかと思うのです。

幸福に驚く力』清水眞砂子


これを読んで私が思いだしたのは、白血病にかかった2歳の女の子とおばあちゃんのはなしです。

 

続きを読む
posted by 彩 at 11:28 | Comment(0) | ことばで彩る 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

春の眠りは暁を覚えずか

ゴールデンウィークも、わが家はカレンダーどおり、終了。

やはり、子どもと一日じゅういっしょの生活では自分の時間がとれず、ブログはあきらめていました。

ただ、それほど遠出をするでもなかったので、朝、ゆっくりさせてもらって、ちょっと幸せでした。


岡本綺堂の、『江戸のことば』を読んでいたら、なんとも頷ける文があって、おもしろかったのです。

 岡本綺堂の本
続きを読む
posted by 彩 at 11:08 | Comment(0) | 季節の彩り 春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

再生紙はECOですか?

  [ゴミの分別] ブログ村キーワード

私の住んでいる地域では、ゴミの分別が細かく、燃えるゴミ、プラスチック、埋めたてゴミ、金属、など、再生できるものは再生して利用しようという方向に動いているように思います。

もちろん、紙は紙類で収集日があり、新聞紙や段ボールを出します。

それでも、雑誌などはまああるけれど、その他の紙類、空き箱やパンフレット、包装紙や封筒などの雑多な紙類は、収集場所に出してあるのをあまり見かけません。

どんな紙でも再生できるのだろうと、せっせと収集日に出していたのですが、どうなのでしょうか?続きを読む
posted by 彩 at 12:38 | Comment(2) | ことばで彩る 家庭、暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。